FC2ブログ

width=

珠玉の名曲たち、クラシック音楽を楽しむブログ。クラシック音楽の楽曲をテーマに、短いエッセーを書いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ケージ 4分33秒:水玉模様をお楽しみください










































シェア・ブログランキング参加のリンクです。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、1クリック協力お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ blogram投票ボタン 音楽ブログランキング

ちょっと冗談が過ぎたようですが、まあこういうことですね。
演奏者は音を出さない。聴衆は周囲の聞こえる音に耳を傾ける。
偶然性の音楽を世に提示したジョン・ケージの最も有名な作品。
ということで、僕は43行の空白でブログを更新したわけだ。

この作品は多くの人を驚かせたし、多くの作曲家に影響を与えた。
ケージの数多くのアイディアはとても興味深いし、色んな作品を聴けば、彼は偉大な音楽家だとわかる。
だが僕は、この作品の限っては、芸術ではないと断言する。
西洋音楽史において、ほぼそのアンチテーゼとして登場した偶然性の音楽は、二十世紀を代表するムーブメントである事は確かだ。
しかし、人間が心を失わない限り、魂のある音楽は無くならない。
一体どれほどの期間、どれほどの人間が、人間の心を揺さぶる音楽を作ってきたのだろうか。
芸術は、音楽は、そうやって存在してきたのだし、そうあるべきだ。

「4分33秒」は確実に歴史に名を残す。
もしこれが歴史に「芸術」として君臨するようなら、それは人間の心の終焉を意味する。
「そんなことはあるまい」と僕は「音楽」を聴いてそう思う。
これが芸術のアンチテーゼで有り続けることは、これからの音楽の歴史が証明してくれるだろう。

スポンサーサイト



| ケージ | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bokunoongaku.blog39.fc2.com/tb.php/71-853451fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT