FC2ブログ

width=

珠玉の名曲たち、クラシック音楽を楽しむブログ。クラシック音楽の楽曲をテーマに、短いエッセーを書いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブリテン 戦争レクイエム:演奏家の為しうる全てを

Britten: War RequiemBritten: War Requiem
(2006/05/16)
Dietrich Fischer-Dieskau、

商品詳細を見る


ブリテン 戦争レクイエム 作品66

反戦主義者であるブリテンの、約1時間半に渡るレクイエム。
1961年の作品であり、第二次世界大戦中にドイツ軍の空爆を受けたコヴェントリー大聖堂の復興献堂式祝賀会のための音楽である。
長大な作品であると同時に、管弦楽に室内楽、混声四部合唱と児童合唱、そしてソリストと、巨大な編成を要する作品でもある。
スケールの大きさに比例するように、この曲は非常に強いメッセージを持っている。
器楽伴奏が表す戦争と祈りの情景、声楽が運ぶその圧倒的な精神性、これは聴く方にも相当の覚悟を要求する。
ブリテンの精神を最高に表現した、彼の作品中でも傑作と言える「芸術」である。

歌詞に用いられるのは、ミサ用の典礼文と、イギリスの詩人オーウェンの詩である。
入祭唱、怒りの日、奉納唱、サンクトゥス、アニュス・デイ、リベラ・メという構成。
あまり細かいことを言うのも難だが、個人的には、サンクトゥスの「Pleni sunt caeli et terra gloria tua」(主の栄光は、天と地を満たす)という歌詞の部分が歌われるところが圧倒される。
飛び交う声とグローリアへ向かう群、ここだけ聴いてもなかなか凄みがある。
この音楽の凄さというのは、存在価値の大きさはもちろん、それを演奏することの意義深さにある。
僕があるところでピアノの小品を演奏することは、それ自体が僕以外の世界に与えるものはほとんどない。
しかし、「戦争レクイエム」は、演奏される度に、どんな演奏であろうとも奏者・聴衆・音楽に関わる全ての者に、必ず何かしら重要な示唆を与えるのだ。
ブリテンのスコアの表紙には、オーウェンの言葉が書き記されている。
『私の主題は戦争であり、戦争の悲しみである。詩はその悲しみの中にある。詩人の為しうる全てとは、警告を与えることにある』
作曲家の為しうる全てを、ブリテンはこの曲で体現しているのだ。

スポンサーサイト



シェア・ブログランキング参加のリンクです。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、1クリック協力お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ blogram投票ボタン 音楽ブログランキング

| ブリテン | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bokunoongaku.blog39.fc2.com/tb.php/58-239ea46f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT