FC2ブログ

width=

珠玉の名曲たち、クラシック音楽を楽しむブログ。クラシック音楽の楽曲をテーマに、短いエッセーを書いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バッハ ブランデンブルク協奏曲第1番:音楽をする喜び

Bach: Brandenburgische Konzerte Nos. 1-3Bach: Brandenburgische Konzerte Nos. 1-3
(2007/06/12)
Johann Sebastian Bach、

商品詳細を見る


バッハ ブランデンブルク協奏曲第1番 ヘ長調 BWV 1046

ドイツ・ケーテンが音楽の黄金時代だった頃、つまり、バッハがケーテン宮廷で宮廷楽長であった頃の作品。
この協奏曲は全部で6曲あり、ケーテンで書きためた数多くの協奏曲の中からバッハが厳選して、ブランデンブルク辺境伯クリスティアン・ルードヴィヒに献げられたものである。
第1番は6曲の中で最も規模が大きい。

堅さ・厳密さ以上に、自由な空気、遊びが感じられる。
バロックの勉強をしっかりした訳ではないのだが、バッハの他の曲に比べると、ずいぶん柔らかく、そして美しい。
1楽章のコルノ・ダ・カッチャという狩猟ホルンの響きは躍動感にあふれ、2楽章のフランス式小型ヴァイオリン、ヴィオリーノ・ピッコロは悲しみの調べを奏でる。
約20分の4楽章構成のこの曲は、バッハの音楽する喜びに満ちた曲だ。
宮廷楽長という最高地位につき、士気の高まったバッハは、音楽に対する真摯な姿勢を保ちつつ、その能力を発揮することに大きな喜びを抱いていただろう。
この曲の自由奔放さ、それでいて厳密なオーケストレーションから、そんなものを感じる。
スポンサーサイト



シェア・ブログランキング参加のリンクです。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、1クリック協力お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ blogram投票ボタン 音楽ブログランキング

| バッハ | 05:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bokunoongaku.blog39.fc2.com/tb.php/5-2f56f018

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT