FC2ブログ

width=

珠玉の名曲たち、クラシック音楽を楽しむブログ。クラシック音楽の楽曲をテーマに、短いエッセーを書いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」:永遠の一番

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番
(2003/06/25)
アシュケナージ(ウラディーミル)

商品詳細を見る


ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」

ベートーヴェンの5つのピアノ協奏曲のうち最も有名かつ芸術的に成熟した作品。
ルードルフ大公に献げられたこの曲は、当時のフランス軍によってウィーンが占領されていたにもかかわらず、非常に堂々とした、力強いもので、まさに「皇帝」を思わせる(ただしこの副題はベートーヴェンによって付けられたものではない)。


僕が初めてこれを聴いたとき、「ああ、なんて『皇帝』っぽいんだ!!」と驚嘆した。
最も好きな協奏曲である。
沈んだ気分の時この曲を聴けば、不思議と「偉そう」な気分になり、元気になる。
昔はなんと言っても1楽章の勇壮さがたまらなく好きだった。
段々と2楽章の良さに気付いていき、今では2楽章が一番好き。
2楽章の美しさは、ベートーヴェンの他の曲と比べても、抜群に良いと思う。
2楽章は昇天します。そして静かに3楽章へ移っていく、この3楽章も明快な力強さにあふれ、申し分ない。
至福の40分間
スポンサーサイト



シェア・ブログランキング参加のリンクです。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、1クリック協力お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ blogram投票ボタン 音楽ブログランキング

| ベートーヴェン | 02:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bokunoongaku.blog39.fc2.com/tb.php/3-a04f9330

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT