FC2ブログ

width=

珠玉の名曲たち、クラシック音楽を楽しむブログ。クラシック音楽の楽曲をテーマに、短いエッセーを書いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポンキエッリ 歌劇「ジョコンダ」より時の踊り:消えゆく名作たち

マドンナの宝石(管弦楽名曲集) 愛のあいさつ(エルガー)/「軽騎兵」序曲(スッペ) 他全12曲マドンナの宝石(管弦楽名曲集) 愛のあいさつ(エルガー)/「軽騎兵」序曲(スッペ) 他全12曲
(1998/08/21)
デイヴィス(アンドルー)

商品詳細を見る


ポンキエッリ 歌劇「ジョコンダ」より時の踊り

イタリアオペラの作曲家の中で、知名度としてはヴェルディやロッシーニ、プッチーニより低く、マスカーニやベッリーニ、ドニゼッティと同じかちょっと高いか、そこらだろう。
歌劇「ジョコンダ」の公演以外はめったにお目にかかれない。
それにオペラそのものよりオーケストラのコンサートで「時の踊り」を演奏する機会の方が断然多い。
「時の踊り」は大変有名で、テレビでもドラマのBGMやコマーシャルでよく耳にする。
第3幕第2場の舞踏会のシーンで演奏され、踊られるこの曲、「夜明けの時」「昼の時の入場」「昼の時の踊り」「夕方の時の入場」「夜の時の入場」「終曲」を続けて演奏する。
一番有名なのは「昼の時の踊り」である。「時の踊り」と言うと聞こえは良いのだが、「昼の時の踊り」というとちょっとイメージが変わる気がする…
時の踊り以外は、「Suicidio!(私は死のう)」か「Cielo e mar(空と海)」などのアリアが有名。
パヴァロッティの歌う「Cielo e mar」は本当に涙が出るほど素晴らしいので、興味があったら聴いてみて頂きたい。

話を「時の踊り」に戻すと、僕が一番聴いていて快いのは「夕方」と「夜」の部分である。
ここでなんとなくマスカーニと近いものを感じるのは、ポンキエッリがプッチーニ、マスカーニの師であったからだろう。
ジョコンダの筋書きについては省略する。
まあなかなか面白いのだが、ほぼ一部好事家たちが知れば良い分野だと思うからだ。
僕は「ジョコンダ」は見たことないし、なかなか見る機会もない。
ポンキエッリは歌劇「婚約者」「リトアニア人」などで当時大人気だった作曲家である。
それが現代まで残ったのは「ジョコンダ」だけと言っても嘘にはならない。
「『時の踊り』のおかげでポンキエッリは現代まで名を残している」と言われる程である。
消えた名曲もいっぱいあるし、これから消えゆくものもあるのだろう。
名曲とはいったいなんなのだろう。
淘汰され生き残ったもの、と決定するのも違う気がするしなあ。
スポンサーサイト



シェア・ブログランキング参加のリンクです。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、1クリック協力お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ blogram投票ボタン 音楽ブログランキング

| ポンキエッリ | 15:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちわ、はじめまして。

素晴らしいブログのエッセーを拝読しました。
ピアノを弾かれたり、作曲もされるとのことで羨ましいです。
で、娘が小学校の頃バレエを習っていまして父親の私も夢中になって練習や発表会に行くようになりました。
発表会で時の踊りを群舞で踊っていましたが、今は懐かしい思い出となっています。
時の踊りも夜明け、昼、夕方、夜、終曲とわかれているようですが、娘が踊った時の踊りのどの部分か分かりません。

あいにく私には絶対音感がありませんので、聴こえてくる階名で、曖昧に書きます。踊りは5分位な気がしますが、夜明け、昼、夕方などのメロディーを教えていただければ最高に幸せです。

 ミソソラ♩ ♩ラドドシ♩ ♩ソララシ♩ ♩シファファミ♩ ♩~
 が続いて少ししてチェロで次の
 ミードーシーラソファドレミーーー~
 というようなメロディーでしたが時の踊りの何にあたるのでしょうか?
 宜しくご教示ください。
ぶしつけで申し訳ありません。

| たつ | 2011/02/28 21:11 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます♪

たつさん

はじめまして。読んで頂いて嬉しく思っております。
この「時の踊り」、お嬢様との思い出の曲なんですね。色々なオーケストラやピアノの録音もありますので、ぜひ聴いてみてください♪
さて、質問の各部分のメロディーですが、全て絶対音ではなく相対音で(ハ長調・イ短調にして)書きます。


【夜明けの時】ソーー、ラーー、ソー、ミー、ドー、ラー、ソー…と始まる部分です。
【昼の時の入場】ミーーレドシラミソーーファミレドミ…と始まる短い部分です。
【昼の時の踊り】ミソソラ、、ラドドシ、、ソララシ、シファファミ、という有名な部分です。
【夕方の時の入場】ミ、ラ、、シドレミファ、、ミ、ラ、シドレミファ…と始まる短調の部分です。
【夜の時の入場】ミードーシーラソファドレミーー…と始まる短調の部分です。この部分はやや長いです。
【終曲】ソ、ソララシシド、ミ、ミファファソソラ…と始まる早いテンポの部分です。

たつさんの書かれた部分は、可愛らしく最も名高い【昼の時の踊り】と、チェロが奏でる【夜の時の入場】の冒頭部分ですね。

わかりにくいかもしれませんが、参考になれば幸いです♪

| funapee | 2011/03/01 02:09 | URL |

 funapeeさん、こんにちわ。

早速お返事いただき、本当にありがとうございました。
相対音で、ご説明いただきましたので全部はっきり解りました。
私は、時の踊りのCDを持っていませんので、ユング君さんのホームページからダウンロードして聴きました。
カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏です。

時の踊りのバレエ群舞は娘が小学生グループでしたので、簡単な3部構成に編成されていたようです。
 「昼の時の踊り」「夜の時の入場」「昼の時の踊り」のようです。
また、「夜明けの時」には鉄琴が入っていたり、「夕方の時の入場」は、はねるよなリズムで変化があっていい音楽ですね。
ポンキエッリの「時の踊り」は、コンサートで聴きたくなるほど、素晴らしい音楽と改めて思い知りました。
相対音感の私のために、移調してご説明くださり、ありがとうございました。



| たつ | 2011/03/01 20:23 | URL | ≫ EDIT

たつさん

いえいえ、お役に立てて幸いです♪
カラヤン&フィルハーモニア管のものも、なかなか素晴らしい演奏ですね!

バレエ群舞のためのものは「時の踊り」の中でも人気のある部分のアレンジですね。ピアノソロ版でもそういうものがあります。

また何かあったら、質問でも感想でも、いつでもコメントください♪ときどきこのブログに遊びに来て頂けたら嬉しいです。

| funapee | 2011/03/02 02:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bokunoongaku.blog39.fc2.com/tb.php/28-381458cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT