width=

珠玉の名曲たち、クラシック音楽を楽しむブログ。クラシック音楽の楽曲をテーマに、短いエッセーを書いています。

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェア・ブログランキング参加のリンクです。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、1クリック協力お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ blogram投票ボタン 音楽ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハイドン トランペット協奏曲:楽器への思いやり

ハイドン:トランペット協奏曲ハイドン:トランペット協奏曲
(2000/06/21)
アンドレ(モーリス)

商品詳細を見る


ハイドン トランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.VIIe:1

今年2月に、フランスの名トランペット奏者モーリス・アンドレ氏が亡くなったという誠に残念なニュースがあったが、僕は彼の演奏するテレマンやバッハ、フンメルらの協奏曲が大好きでよく聴いていた。ハイドンの協奏曲もそのひとつである。
僕はモーツァルトも好きだが、もしかすると将来的にハイドンやモーツァルトばかり聴いているんじゃないかと思うこともある。多くのジャンルの音楽を聴いてみて、僕がクラシックを好きになったというのは、クラシック音楽の中でも最も“クラシックらしい部分”に共鳴したからであり、そういう最も“クラシックらしい部分”というのはおそらく、モーツァルトやハイドンの音楽なのではないか、と思うのである。
まあ多分ショパンやらシューマンやらなんだかんだ色々聴くとは思うのだけども、ハイドンの音楽はいついかなるときも、そしてどんな者に対しても、必ず受け入れてくれるような姿勢を示していると言っていい。
この曲もまた、非常に聴きやすい良曲だ。ハイドン唯一のトランペット協奏曲で、また彼の最後の協奏曲でもある。
ハイドンの友人でウィーンの宮廷楽団のトランペット奏者だったヴァイディンガーのために作曲したもので、現在のトランペットとは違う形状の、5つのキーが付いた有鍵トランペット用の作品であった。今はこの楽器は衰退してしまったが、進化した現在のトランペットで演奏されるこの作品は、トランペット奏者には重要なレパートリーだ。
伝統的な3楽章構成で、占めて15分ほどの長さ。長調で、華やかで、美しい。思い立ったときにすぐに聴ける、なんとも丁度良い曲だ。

もともとは新しく開発された楽器のお披露目的要素もあったのだろうが、音楽的に今の楽器とどのような違いが出るのかは図りかねる。より演奏しやすかったのかもしれないし、現在のトランペットの方が全体的に音に関しては作りやすくなっているというのは事実だろう。
しかし、カデンツァも含め、相当テクニカルな音楽であることは確かだ。協奏曲というのは大体ソロ楽器が鬼のように難しいのが常だが、この曲もまたソロ奏者にとっては難しい曲だろう。
しかし、優れた協奏曲は、ソロ奏者にかなりの腕を要求しつつも、その楽器がもっとも効率的にスポットライトの中心となり、常に輝くように気を遣って作られている、ということをハイドンの協奏曲は思い出させてくれる。
編成は独奏トランペットにフルート・オーボエ・ファゴット・ホルン・トランペット各2、ティンパニ、弦五部と、華麗なトランペットという楽器に相応しい、当時にしては大規模な編成。
それでいて、簡潔で明快なオーケストレーション。後の作曲家たちもお手本にしたことだろう。
1楽章のテーマが、オーケストラで奏でられた後、トランペットで再び演奏される。この弦と管の響きによる印象の違いに敏感になって聴けば、トランペットの良さ、そしてハイドンの音楽の良さがわかるというものだ。
3楽章には非常に細かいパッセージがあり、奏者のテクニックに聞き惚れたい。
アンドレが圧倒的なのはその音色と安定感であり、このハイドンの協奏曲のような、つんざくような咆哮的な音を必要としない音楽にはぴったりだろう。ハイドンのトランペットへの思いやりのようなものが、アンドレのように柔和な音がごく自然に活きる音楽へと導いたのだ。
ステレオが良ければスメドヴィックやドクシツェルのものも良いが、ここはぜひとも、アンドレの柔和な音色で、この古典派最盛期の素晴らしい古き良き協奏曲を楽しみたいところだ。

シェア・ブログランキング参加のリンクです。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、1クリック協力お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ blogram投票ボタン 音楽ブログランキング
スポンサーサイト

| ハイドン | 20:05 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。