width=

珠玉の名曲たち、クラシック音楽を楽しむブログ。クラシック音楽の楽曲をテーマに、短いエッセーを書いています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェア・ブログランキング参加のリンクです。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、1クリック協力お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ blogram投票ボタン 音楽ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヴェルディ 歌劇「ナブッコ」序曲:行け、我が思いよ

ヴェルディ:ナブッコ(全曲)ヴェルディ:ナブッコ(全曲)
(1994/08/25)
カプッチルリ(ピエロ)ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団

商品詳細を見る


ヴェルディ 歌劇「ナブッコ」序曲

ヴェルディの出世作と言える歌劇「ナブッコ」の序曲。
7分から8分のこの序曲は、劇中の曲が何曲か集められ出来ている。
その中で最も有名なものは、「行け、我が思いよ」である。
第3幕で歌われるこの合唱曲は、バビロニア軍によって攻撃を受け、エルサレムが壊滅的となったとき、ヘブライ人たちが故郷を思って歌うものだ。

イタリア人にとって、この合唱曲は特別なものである。
第2の国歌と言っても過言ではないだろう。
イタリアオペラの第1人者であるヴェルディのものであることへのこだわり以上に、失われた故郷、美しい故郷を思う歌詞は大きな感動を呼ぶ。たとえイタリア人でなくとも。
「行け、我が思いよ」は、序曲では中間部に現れる。
他の曲も実にわかりやすく良い曲だが、この歌はやはり1番の名曲である。
故郷を思う気持ちは誰にでもあるし、感動だけでなく、悲哀・失望・怨恨といったものとも深く結びついたデリケートなものでもあるように思える。
それだけに、本当に素晴らしい望郷の歌というのは、何より深く人間の心に訴えかけてくるものだ。
「ナブッコ」は文句なしに素晴らしい方の部類である。
僕がこの曲を好きなのは、自分の故郷を思う気持ちをも思い起こさせてくれるからだ。

シェア・ブログランキング参加のリンクです。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、1クリック協力お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ blogram投票ボタン 音楽ブログランキング
スポンサーサイト

| ヴェルディ | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。